お知らせ

HOME > お知らせ

北海道診療情報管理研究会 診療情報管理士現況調査について(依頼)

2020.02.14 UP

 時下 益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。日頃より、当研究会の活動にご協力を賜りありがとうございます。
 さて今般、当研究会では、北海道における診療情報管理士の業務実態を把握する目的で、標記調査を実施いたします。
 つきましては、項目が多岐にわたり恐縮に存じますが、下記要領により、御回答くださいますようお願い申し上げます。

1.目的
 日本病院会が行っている診療情報管理士現況調査項目を中心に、北海道内における診療情報管理士の業務の現状を全国と比較することにより、診療情報管理の問題点等を把握し、今後の当研究会の活動に資することを目的とする。

2.調査対象者
 診療情報管理士であること。(当該医療機関に、複数の診療情報管理士が在籍している場合は、まとめて回答することなく、個人ごとに回答願います。

3.回答方法
 下記アドレスにて現況調査回答フォームにアクセスのうえ、御回答ください。

4.回答期限 令和2年3月6日(金)

5.その他
 調査結果については、当研究会学術集会および日本診療情報管理学会にて報告・発表する予定です。

※アンケートはこちら

第157回北海道診療情報管理研究会 発表演題の募集

2019.10.03 UP

令和元年12月7日(土)開催予定の第157回学術集会では、会員による研究発表を予定しております。日常業務において工夫されていること、改善成果をあげている取り組みなどについてご発表ください。会員の皆様からの多数の応募をお待ちしております。

生涯教育セミナーの受講カードについて

2019.08.06 UP

生涯教育セミナーの受講カードは、以下のPDFより印刷して受講時にご持参ください。

第153回北海道診療情報管理研究会 発表演題の募集

2018.08.16 UP

平成30年12月15日(土)開催予定の第153回学術集会では、会員による研究発表を予定しております。日常業務において工夫されていること、改善成果をあげている取り組みなどについてご発表ください。会員の皆様からの多数の応募をお待ちしております。

*平成30年9月に第153回を開催予定でしたが、震災のため中止となったため平成30年12月開催  の学術集会を第153回といたします

第150回北海道診療情報管理研究会 発表演題の募集

2017.10.10 UP

平成29年12月2日(土)開催予定の第150回学術集会では、会員による研究発表を予定しております。日常業務において工夫されていること、改善成果をあげている取り組みなどについてご発表ください。会員の皆様からの多数の応募をお待ちしております。

第147回北海道診療情報管理研究会 発表演題の募集

2016.08.10 UP

平成28年12月3日(土)開催の第147回研究会では、会員による研究発表を予定しております。日常業務において工夫されていること、改善成果をあげている取り組みなどについてご発表ください。会員の皆様からの多数の応募をお待ちしております。また、本年10月に東京で開催されます全国学会に参加できない会員も多数おられますので全国学会で発表される方は、積極的な応募をお願い致します。

第143回北海道診療情報管理研究会 発表演題の募集

2015.08.12 UP

平成27年12月12日(土)開催の第143回研究会では、会員による研究発表を予定しております。日常業務において工夫されていること、改善成果をあげている取り組みなどについてご発表ください。会員の皆様からの多数の応募をお待ちしております。また、本年9月に岡山で開催されます全国学会に参加できない会員も多数おられますので全国学会で発表される方は、積極的な応募をお願い致します。

生涯教育セミナー プレ開催(初級)のシラバスを追加しました。

2015.08.12 UP

平成27年8月29日(土)開催の生涯教育セミナー プレ開催(初級)のシラバスを追加しました。

生涯教育セミナー プレ開催(初級)案内:http://hokkaido-him.jp/seminar/life/

総会案内資料の訂正について

2015.06.19 UP

すでに郵送している「総会開催について」の案内ですが、住所に誤りがありましたので、下記のファイルと差し替え願います。

×札幌市北区北11条西4丁目1番15号→ ○札幌市北区北3条西15丁目

第139回北海道診療情報管理研究会のプログラムを掲載しました。

2014.12.09 UP

  • 第139回北海道診療情報管理研究会のプログラムを掲載しました。

詳細は下記申込書をご確認ください

申込書:http://hokkaido-him.jp/academy/20141129.html

次へ »