活動内容

HOME > 活動内容 > 2006年

平成18年

【第107回】平成18年12月3日  札幌生涯学習総合センター「ちえりあ」

  • 「DPCの実践について」

    北海道ハイテクノロジー専門学校   近藤    保
    札幌社会保険総合病院   佐藤  正幸

  • 「DPC実践病院からの報告」

    北見赤十字病院   萩平  順一
    中村記念病院   大井  晃治
    札幌南三条病院   初山    貴
    市立函館病院   海老名春代

【第106回】平成18年9月30日   札幌生涯学習総合センター「ちえりあ」

  • 「システム連携による診療情報ファイル」

    市立千歳市民病院   谷川  弘美

  • 「NST委員会における診療情報管理士の役割」

    中村記念病院   藤岡    宏

  • 「看護記録監査11年の経過と診療情報管理士の関わり」

    滝川市立病院   朝倉あつ子

  • 「看護サマリーの電子化運用の改善」

    中村記念病院   高橋  美香

  • 「北海道におけるコーディングセミナーの現況」

    北海道診療録管理研究会   近藤    保

  • 「診療情報管理業務への取り組みと今後の課題」

    旭川医科大学病院    伊藤  由利

  • 「時計台記念病院における診療情報管理の整備経過報告」

    時計台記念病院    牛島  光彦

  • 「診療情報管理の現状と指向すべき可能性とは」

    北海道診療録管理研究会    倉部  直子

【第105回】平成18年6月25日  北方圏学術情報センター ポルト

  • 「開示に堪える医療記録  -医療の安全と質の説明責任を担保する-」

    広島大学医学部附属病院 医療情報部教授    石川    澄

  • 「医療の安全と質の向上を目指したチャートレビューの取り組み
    -近森病院での試行を通して」

    医療法人近森会 近森病院 副院長    北村  龍彦

  • 「当院における看護記録の監査と今後の課題」

    江別市立病院 副看護部長    渡辺  修子

【第104回】平成18年3月18日  札幌市北区民センター 区民ホール

  • 「ICD-2003年改訂とWHO支援に関する日本の今後の動き」

    国立がんセンターがん予防・検診研究センター
    情報研究部 臨床情報研究室室長   西本    寛

  • 「個人情報保護が試行されて」

    ペリージョンソン コンサルティング株式会社
    アソシエートシニア セールスマネジャー    谷本  正勝